医学部合格の際にお世話になった仙台の予備校

医学部合格を果たすべく、浪人生活をスタート

医学部 予備校 仙台 | 医学部受験 仙台文理 医学部入試コース

現役の時には敗れ去った医学部合格を果たすべく、浪人生活をスタートしました。
現役時の学力は今だからこそよく分かるのですが、合格からは程遠いものだったのは間違いありません。
高校は地元でも進学校として知られているところだったと思いますが、部活にあけくれる生活をつづけ本格的な勉強を始めたのは3年の2学期からです。
もちろん、私の周りには部活動で優秀な成績を収める一方、難関校といわれる大学に現役合格した同級生もいます。
つまり、私に関しては本人の努力不足が明らかだったことになります。
わたしの家は特?裕福な家ではありませんでしたが、医学部受験のための予備校の学費を支払ってくれた親にはとても感謝しています。
その時の気持ちは今でも鮮明に覚えています。
「次の受験で失敗したら、自分で働こう」という覚悟はできていました。
そんな状況ですから、許される学費で通える予備校選びはとにかく真剣でした。
条件としては、学費以外にも医学部の合格実績も予備校選びの大きなポイントでした。
効くところによると、ある予備校ではその学校が主催した模試の受験者も合格者に含まれるケースもあることを聞いたことがあったため、正味の合格実績にはこだわりました。

医学部合格を果たすべく、浪人生活をスタート地元仙台では中堅とも言える予備校を選択特に印象的だったのは、ボキャビルの授業